小児歯科

Kids

小児歯科

キッズスペース完備

 
あおぞら歯科では小さいお子さまがいる親御さんにも安心して治療をうけて頂けるようキッズスペースを完備しております。
お子様連れのお母様方も安心してご来院いただけます。

あおぞら歯科の小児歯科

「子供たちに輝く美しい笑顔と未来を」

虫歯を作らず、銀歯のないお子様に育って欲しい。大人になって、一本も治療されていない“白く美しい歯”を持って過ごしてもらうことを「現実」にしていくのがあおぞら歯科の小児歯科です。

歯医者嫌いにならないために

幼少期のお口の中は、お子様のその後の心と身体の発達に大きく影響を与えます。歯医者嫌いになってしまうのは、主に幼少期の嫌なイメージが残っており、大人になってから歯医者にいくことが億劫になってしまうことが最も多いケースです。あおぞら歯科では歯医者嫌いにならない為に、やさしい診療を心がけます。

乳歯は抜けるから放置でも大丈夫!?

 
乳歯はいずれ抜けてしまう歯ですが、虫歯になっても問題ないと考えるのは大変危険なことです。
虫歯の乳歯と永久歯が混在する混合歯列期に、永久歯が乳歯から細菌を移されてしまい、虫歯になってしまうというケースが多いので、乳歯だからといって放置してはいけません。
また乳歯は永久歯を正しい位置に導くといった役割があり、あごの骨の成長や知能の発達、正常な咬み合わせにも影響を及ぼしているとされています。疎かにせずに、ケアを行うようにしましょう。
 

生えたての歯はとてもデリケート

 
生えたての歯は、すり減っている部分が少ないため、溝が深く表面が粗く汚れが付きやすかったり、抵抗力が低い状態です。
つまり、虫歯になりやすいデリケートな時期ということです。また、永久歯がなかなか生えてこなかったり、乳歯が抜けないなどこの時期のトラブルもつきものです。
 

虫歯になりにくいお口へ

 
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、虫歯菌はいない状態と言われています。
では、なぜ虫歯になるのか?
虫歯は感染症です。つまり、スキンシップなどを通して周囲の大人の方からお子さんのお口に虫歯菌がうつり、感染してしまうのです。
虫歯菌への感染時期を遅らせることで、将来虫歯ができにくくなるというデータが報告されています。つまり、今のお子さんを虫歯から守ることは、将来のお子さんのお口の健康を守ることにもつながるのです。

あおぞら歯科の お子様のお口 3チェック

虫番のチェック

ブラッシングのチェック

歯並びのチェック

虫歯から守る方法

 

フッ素塗布

生え出したばかりの乳歯は歯質がまだ脆弱なため、歯の表面にフッ素を塗布することにより、唾液中に含まれるミネラルを取り込みやすくすることで再石灰化を促進します。
 

シーラント

虫歯になりやすい奥歯の溝の部分にレジン(プラスチックのような樹脂)を流し込み、虫歯の予防をする処置です。歯を削らずに行えるため、痛みも無く治療できるのが特徴です。
 

歯磨き指導

子どもが歯磨きを好きになるように丁寧に指導いたします。
歯磨き、ブラッシング指導では、虫歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しみながら、歯科衛生士が丁寧に指導していきます。

赤ちゃんの歯について

 
赤ちゃんの歯が生える時期は、前歯が生後半年頃、全部生え揃うのは2歳頃になります。
前歯が一番早く生後半年、それから段々後ろ側が生え始め、2歳頃には全部生え揃います。 生えてこないケースでは早めの歯科受診をお勧めします。

MENU

診療内容

Access

アクセス


〒533-0001 大阪市東淀川区井高野3丁目2-40
TEL:06-6827-1919
 
診療時間
10:00〜13:00
15:00〜20:00
※祝日、年末年始は休診いたします。▲土日の午後は14:00〜17:00となります。
NEWS
2019年10月27日

【臨時休診日のお知らせ】

11月4日(月)、11月23日(土)は臨時休診とさせていただきます。皆様のご理解ご協力をお願い申し上げます。

2019年10月22日

10月より水曜日、木曜日は担当歯科医師が佐護先生が診療させていただきます。

ラシャスリップとヒアルロン酸トリートメントとのセットがお求めやすくなりました。

2019年6月24日

今後は駐車場をご利用いただけます。

駐車場の位置はこちらをご確認ください。


Copyright (c) 2018 あおぞら歯科. All Rights Reserved.