小児矯正

Orthodontic-Kids

小児矯正

小児矯正って大切?

 
小児歯科を受診された際に「やっぱり小児矯正って大切なの?」と質問を受けることが多いです。小児矯正は、お子様の歯並びや咬み合わせが成長していく上でとても大切です。

なぜ小児矯正が必要なの?

 
当院では“成長過程だからこそ出来る矯正治療”という考え方があります。
大人になってからの成人矯正とは違い、「成長過程」というところがポイントになります。

不正咬合のリスク要因を取り除く!

 
不正咬合の原因は
・口呼吸
・お口ポカン
・長い時間の指しゃぶり
・正しい舌の使い方が出来ていない
・姿勢
など、様々な原因が考えられます。
悪癖というのですが、お子様の何気ない所作が不正咬合のリスク要因になる可能性があります。
 

不正咬合の種類

 
叢生(そうせい):八重歯や乱ぐい歯とも呼ばれます。
上顎前突(じょうがくぜんとつ):出っ歯とも呼ばれます。
反対咬合(はんたいこうごう):受け口とも呼ばれ、上下反対に噛み合う状態です。
過蓋咬合(かがいこうごう):上の歯が下の歯を覆い被す状態です。
開咬(かいこう):オープンバイトとも呼ばれ、前歯が噛み合わない状態です。
交叉咬合(こうさこうごう):上下の奥歯の咬み合わせが横にズレた状態です。
 
乳歯が何らかの理由で抜けたり、顎の成長の状態によっては上記のような不正咬合になってしまうリスクが生じます。しかし、適切な対処をすればこのような不正咬合を防ぐことが出来ます。
 

顎の発育をコントロールする!

 
小児期は大人と違い、顎の成長途中です。だからこそ、歯が良くない方向へ行くことを抑制したり、歯の成長を促したりとコントロールすることが出来ます。
成長段階だからこそ出来る治療の選択肢があることが最大のメリットであると言えます。

小児矯正をお考えの方へ

 
小児期に歯並びを整えることは、将来のお子様の健やかな成長をより良くしていくことができます。歯並びは見た目を整えるだけが目的ではなく、発音・咀嚼・悪癖の改善・虫歯や歯周病の予防にも繋がります。
お子様が将来歯のことで悩むことなく、楽しい毎日を送っていただくために、是非親御さんにはお子様のお口のこと考えていただきたいと願っています。また同時にお子様にも歯並びの大切さを理解して頂けるようゆっくり丁寧に説明を行うことを心がけています。

MENU

診療内容

Access

アクセス


〒533-0001 大阪市東淀川区井高野3丁目2-40
TEL:06-6827-1919
 
診療時間
10:00〜13:00
15:00〜20:00
※祝日、年末年始は休診いたします。▲土日の午後は14:00〜17:00となります。
NEWS
2019年10月27日

【臨時休診日のお知らせ】

11月4日(月)、11月23日(土)は臨時休診とさせていただきます。皆様のご理解ご協力をお願い申し上げます。

2019年10月22日

10月より水曜日、木曜日は担当歯科医師が佐護先生が診療させていただきます。

ラシャスリップとヒアルロン酸トリートメントとのセットがお求めやすくなりました。

2019年6月24日

今後は駐車場をご利用いただけます。

駐車場の位置はこちらをご確認ください。


Copyright (c) 2018 あおぞら歯科. All Rights Reserved.