ブログ

歯を白くするだけでないホワイトニングとは

歯やお口の気になるところとして20代~50歳代の女性の方で一番多い項目は
歯の色と歯の着色、汚れです。
男性でも歯の着色、汚れは上位に挙がってくる項目の一つです。
男女ともに白い歯を求めていることがわかります。
ホワイトニングは20歳代~30歳代の方を中心に60歳代くらいの方まで幅広い年齢層
の人たちが来院されています。
ホワイトニングは神経のある歯であれば、どなたでもできるため、年齢制限はありません。

しかしながら新型コロナウイルス感染症の影響でステイホームやマスクをして過ごす日々
が続いています。
白い歯になっても人前に出る機会がなかったり、見せる機会がなかったりすると
ホワイトニングって今必要なものかと言われる方もいるはずです。
ホワイトニングにはいろいろな種類のものがあり、中には歯を白く見せつつ、
歯の質を強化していくものもあります。
ホワイトニングで歯が美しくなってくるとそれを維持していこうとして、歯に意識を
持つようになり、こまめにケアをするようになり、結果的に口腔内の健康が保たれます。
 
ホワイトニングを行うときに留意することは歯に塗布される薬剤(過酸化水素)が
歯をしみやすくさせてしまう可能性があります。
むし歯や歯周病があると知覚過敏を生じやすくなります。
以前のホワイトニングは知覚過敏が起こってしまったり、歯にダメージを与えてしまったり、
することが多かったのですが、最近のホワイトニングは歯にダメージを極力与えないような
ものが出てきています。
効果は個人差があり、当医院では基本的に8~9分を3回照射することで、効果が出やすいように
しております。
当医院のホワイトニングは税込みで 10780円でさせていただいています。
ホワイトニングを利用された方は白くなって痛みが出なかったと好評をいただいています。
6ヶ月くらいを目安にと説明をしていますが、3ヶ月に1回したいと言われる方もいらっしゃいます。
歯のクリーニングと合わせてホワイトニングをされる方も多いです。
一時的に白い歯をお求めの場合は歯のマニキュアもありますが12時間ほどの持続効果しかないので、
ずっと維持されるならホワイトニングをすることをお勧めします。
施術後は色素が付きやすい飲食物(カレーや赤ワインやコーヒーなど)はできれば一時的に避けてもらった
方が望まれます。
土日もホワイトニングを施術していますが、1時間くらいはかかるためご予約をしていただいて
させてもらっています。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40 1階
06-6827-1919

おすすめ記事

  1. 5月の休診日について

  2. 7月の休診日について

  3. 2月の休診日について

  4. 3月の休診日について

  5. 歯ぐきや歯の痛みや嚙み合わせの不具合の種類について

  6. 10月の休診日のお知らせ

ページトップへ