ブログ

歯のホワイトニングの治療概要や料金について

歯や口に関するアンケートによると、20~50代の女性で気になる項目の1位は「歯の色・沈着」だそうです。
世代を超えて、女性は「白い歯」を求めていることがわかります。
ホワイトニングは、神経のある歯であればどなたでもでき、年齢制限はありません。
歯をきれいにする手段としては、歯石や茶渋など、歯についた汚れを落とすクリーニングはよく知られていますが、ホワイトニングは、そこからさらに、色素沈着で変色した歯の色を薬剤で白くする施術です。
実際、クリーニングからホワイトニングに移行する方も多いです。
ホワイトニングで歯が美しくなると、それを維持するためにこまめにケアをするようになり、結果的に口腔内の健康が保たれます。

ホワイトニングを行うときに留意することは歯に塗布される薬剤(過酸化水素)が
歯をしみやすくさせてしまう可能性があります。
むし歯や歯周病があると知覚過敏を生じやすくなります。
以前のホワイトニングは知覚過敏が起こってしまったり、歯にダメージを与えてしまったり、
することが多かったのですが、最近のホワイトニングは歯にダメージを極力与えないような
ものが出てきています。
効果は個人差があり、当医院では基本的に8~9分を3回照射することで、効果が出やすいように
しています。
当医院のホワイトニングは税込みで 10780円でさせていただいています。
セルフホワイトニングやホームホワイトニングも当医院では実施しております。
セルフホワイトニングは10780円
ホームホワイトニングは25000円税抜きになります。

ホワイトニングを利用された方は、痛みが出なかったと好評をいただいています。
6ヶ月くらいを目安にとお伝えしていますが、3ヶ月に1回したいと言われる方もいらっしゃいます。
歯のクリーニングと合わせてホワイトニングをされる方も多いです。
一時的に白い歯をお求めの場合は歯のマニキュアもありますが12時間ほどの持続効果しかないので、白い歯を長く維持されたいのであれば、ホワイトニングをすることをお勧めします。
施術後は、カレーやコーヒー、赤ワインなどの色素がつきやすい食品は避けたほうがいいと言われています。
あまり神経質にならなくてもいいと思いますが、気になる場合は、食後すぐ水でうがいをするのもひとつの防御策になるでしょう。

ホワイトニングを行うことの最大のメリットは、ホワイトニングによって虫歯になりにくくなるということです。
最近の研究で、ホワイトニングを行った歯は、ホワイトニングを行っていない歯に比べて、酸に対する抵抗性(耐酸性)が高まることが分かりました。
ホワイトニング後に起こる問題として、象牙質知覚過敏症、歯肉の白色化、後戻りが考えられます。
施術前にきちんと説明があるので、ご安心ください。

施術された後も定期健診に通い、白い綺麗な歯を保ちましょう!

井高野あおぞら歯科

大阪市東淀川区井高野3-2-40 1階

06-6827-1919

おすすめ記事

  1. 歯石とはどういうものでなぜ取らないといけないのでしょうか?

  2. 2月の休診日について

  3. 10月の休診日のお知らせ

  4. 11月の休診日について

  5. Tik Tok を始めました

  6. 11月の休診日のお知らせ

ページトップへ