ブログ

事故、スポーツ、転倒で「歯」が欠けたときってどうするの?

事故、転倒により強い衝撃が加わって歯が欠けることがあります。もし、歯が欠けてしまったとき、一体どうすれば良いのでしょうか?

 

注意点として、まず欠けた部分を指や舌で触れないようにしましょう。雑菌が入り、炎症を起こす原因となります。そして、欠けた歯を保存することが大切です。

また、床に落ちてしまった歯を綺麗にしようと手洗いすることも厳禁です。根っこから取れた場合に、手で洗ってしまうと歯根膜という接着装置がなくなってしまい、元に戻らなくなってしまう場合があるからです。

 

では、歯を乾燥させないために、どうすればいいのでしょうか?

 

・封を開けてない冷えた牛乳

必ず無脂肪乳にしましょう

 

・生理食塩水

 

・ドラッグストアに売っている「歯の保存液」

 

これらに入れておくのが一般的です。

また、これらがない場合には、応急処置として、欠けた歯を口に含んでおく方法もあります。この時は、歯を飲み込んでしまわないように注意しましょう。

 

また、これらの液体につけておいても、時間の経過により歯は劣化していきます。出来るだけ早く、可能なら30分以内に歯科医院を受診しましょう。欠けた歯は弱くなっているので

放置しておくとさらに悪化します。痛みがないからといってそのままにせずに、治療を受けましょう。

 

 

何か疑問、お困りのことがございましたら、お気軽に当院スタッフまでお尋ねください。

 

土日も夕方5時まで診療いたしていります。

駐車場完備

井高野あおぞら歯科

大阪市東淀川区井高野3-2-40 1階

おすすめ記事

  1. 保険外治療の保証のご案内

  2. 口腔粘膜診断カメラについて

  3. 口呼吸の危険性~おねしょと口呼吸~

  4. ストレスが原因かもしれない歯の痛み

  5. 3月の休診日のお知らせ

  6. 年末年始の診療日のご案内

最近の記事

2月の休診日について

ページトップへ