ブログ

入れ歯を快適にお使いしていただくために

入れ歯を初めてお使いの方はなれるまでに苦労される方は多いと思います。
しかし入れ歯を付けないでそのままで生活していると残存歯に負担がかかったり、
食事をするのにかみ切れなかったり、発音しづらかったり色々とお口の中で
悪影響を及ぼすようになります。
入れ歯を新しく入れた時は医院で調整をした後でも、ほとんどの場合
痛みが出たりかみ合わせに不調をきたしてくる場合があります。
新しい靴を履いてみて靴擦れができて痛みが出たり、疲れやすかったりする要領で
入れ歯の場合もそれに匹敵します。
何回か入れ歯の調整をすることで自分に合った入れ歯に仕上げていくものです。
1回使用してみて痛みが出たから合わなかったではなく調整には回数がかかることも
あります。

食事のポイントとして入れ歯になるとかみ合わせる力が食べ物に伝わりにくくなります。
硬いものや繊維の多いものや噛み切りにくいものなどのかみ砕くのに必要以上に
長い時間がかかります。
入れ歯は天然の歯と比べて噛む力が低下します。
天然歯の噛む力を100%とすると部分入れ歯では50~60%で、
総入れ歯では25~30%くらいまで低下します。

トレーニングで入れ歯に慣れましょう。
食べ物はまず軟らかい食べ物や細かく切った食べ物から始めるとよいでしょう。
慣れてきたら徐々に硬いものや大きいものにしていくとよいでしょう。
軟らかいものとして豆腐やスープ、ゼリーやプリンで肉や野菜は細かく切ったもので慣れてください。

話し方として一番話しにくくなるのは{さ行}次に{タ行}です。
話すことに早く慣れるには声を出して本を読むなど話す練習をするとよいでしょう。

入れ歯を入れて食事をする際に気を付けてほしいこととして
⓵ゴマなどの硬い粒などは入れ歯と歯ぐきの隙間に入ると痛みが出たり、
 傷ができたりします。
⓶お餅やガムなど歯にくっつきやすい物も少しずつ食べるなど注意が必要です。
⓷タコやイカやお肉や線維性の食べ物など歯切れが悪いものは切れ目を入れるなどの
 調理の工夫が必要です。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

おすすめ記事

  1. ブリッジについて

  2. いびき治療について

  3. リウマチの初期症状は歯周病と関係があります。

  4. 入れ歯には大事な働きがあります。

  5. むし歯予防のシーラントについて

  6. 10年後まで美しく体を整えましょう

ページトップへ