ブログ

歯がなくなったら義歯よりもブリッジよりもインプラントが良い理由

歯を何らかの原因でなくなってしまった場合、いずれかの方法で回復していきましょう。

その場合は義歯(入れ歯)もしくはブリッジ(被せ物がつなげているもの)、

インプラント(人工歯根)と言われるものがあります。

 

 

1,入れ歯(部分入れ歯、総入れ歯があり、残っている歯の数によって呼び方が異なります。)

保険治療と自費治療のものとがあります。

患者さま自身でお口に出し入れすることができ、歯ぐきと同じようなピンク色のプラスチックの

土手がついているもので人工の歯がついているものになります。

保険のものは金属(銀色)のバネがついています。

保険外のものはさまざまなものがあります。(金属床、ノンクラスプ入れ歯、コーヌスクローネ入れ歯、

インプラント入れ歯など)

メリットとして

⓵取り外しのためお手入れが簡単

⓶治療期間は通常5回程度で完成し、その後数回の調整が必要です。

⓷歯をたくさん削らなくてすみます。

⓸歯の欠損の場所を選ばず設定でき治療の適応範囲が広くできます。

デメリットとして

⓵取り外しのものを使うためわずらわしく感じることがあります。

⓶噛む力が弱くなります。

⓷クラスプをかける歯に力の負担が開かかかります。

⓸外れることがあり、期間ごとに調整が必要になり、なれるまでに違和感があります。

 

2,ブリッジ(被せ物がつながっているもの)

保険治療と自費治療のものとがあります。

ブリッジとは歯がなくなっているところに隣の歯を削って人工の歯を作って連結した修復物を

接着剤で固定し、支える方法です。ただし、治療の範囲が限られており、保険適用の範囲が限られます。

メリットとして

⓵固定されるため取り外すことなくわずらわしくありません。

⓶噛む力(咬合力)は低下しません。動揺している歯が安定することがあります。

デメリットとして

⓵支台歯をかぶせるために歯を削る必要があります。

⓶支台歯への噛む力の負担が増えます。

⓷力学的に条件が悪くなる場合は適応されません。

3,インプラント

インプラントは人工歯根治療とも言われ、歯を失った部分にチタン製の人工の歯の根を埋めて、その上に人工の歯をかぶせる治療法です。

この方法により歯があった時と同じように噛めるようにします。がっちりと固定され、違和感が少ないです。

ただし、骨を削らなくてはいけません。

メリット

⓵健康な歯を削る必要がありません。

⓶自立している周りの歯に負担をかけません。

⓷噛む力や食感が天然歯に近くなります。

デメリット

⓵外科手術必要です。

⓶治療費が高く、治療期間が長くなります。

⓷あごの骨がやせている方には骨の再生療法が必要になります。

 

 

井高野あおぞら歯科

大阪市東淀川区井高野3-2-40 1階

06-6827-1919

おすすめ記事

  1. 3月の休診日について

  2. 2月の休診日について

  3. 歯を痛めてしまう可能性の歯ぎしりは防げます

  4. 2021年2月の休診日について

  5. 2月の休診日について

  6. 8月の休診日について

ページトップへ