ブログ

大人になってから矯正したいと考えているあなたへ!

「歯の矯正」というと子どものための治療というイメージをしがちですが、大人になってからでも十分間に合います。最近、「大人になって治療費を払う余裕が出来た」、「最新治療では、矯正器具が目立たない」、「きれいな歯並びにあこがれる」などの理由で、大人の治療が増加傾向にあります。

これまでに小児矯正についての記事を読まれた方に分かりやすく言うと、大人の矯正は小児矯正の二次矯正に別のルートから入るというものになります。

 

 

治療方法は大きく分けて3種類あります。

 

1.「歯の表面」に「ブラケット」と呼ばれる器具をつける方法

ワイヤーの弾性を利用しながら歯の位置を少しずつ動かしていく一般的な方法です。近年、透明や乳白色のセラミック素材もあります。

メタルブラケット審美ブラケット

 

2.「歯の裏面」に「ブラケット」をつける方法

矯正していることが分かりにくい利点がありますが、装着当初は話しにくい等のデメリットがあります。

リンガルブラケット

 

3.取り外しのできる「マウスピース型」の器具をはめる方法

透明で目立ちにくく、軽度の治療に向いています。しかし装着時間の確保など、自己コントロールが不十分な状態だと効果がありません。

マウスピース矯正

 

 

 

どの方法でも2~3年程度かかり、歯列の状態などにより費用も異なりますので、まずは歯科医師に相談の上カウンセリングを受けましょう。

 

何か疑問点や相談事がございましたら、お気軽にスタッフにご質問ください。

 

土日も夕方5時まで診療いたしていります。

駐車場完備

井高野あおぞら歯科

大阪市東淀川区井高野3-2-40 1階

矯正治療のメリットとは?

お子さまの矯正って何するの?

矯正の費用で気になるあなたへ!読んでください!

おすすめ記事

  1. 歯がない部分を補う治療について

  2. 歯の色が気になる方へ

  3. 誤嚥性肺炎を予防するための口腔ケアや歯磨きについて

  4. あおぞら歯科日記 No.1

  5. 歯周病と歯科検診について

  6. 歯ぐきが下がる原因

ページトップへ