ブログ

やってはいけない歯みがき

力を入れて磨くのも、もちろん良くありません。
親指と人差し指で鉛筆を持つような感覚で歯ブラシの柄を持って先端が曲がらないくらいの力加減で磨いてほしいものです。
歯の表面を繰り返しなぞるようなイメージです。
特にナイロン製の歯ブラシは、強く擦りすぎると歯や歯ぐきが傷つきやすいので、やさしくブラッシングしてください。
本来、病原体は粘膜から侵入してきますが、歯みがきで強く擦りすぎると歯ぐきを傷つけると歯ぐきの傷口から侵入してしまうことになりかねません。
特に歯周病になっている方はすでに口腔内に傷がある状態なので気をつけてください。
歯ぐきの奥深くにたまったプラークや歯石は自分で取り除くことは困難です。
3ヶ月ぐらいに1回は歯科検診をしてもらい歯の状態をチェックしておくと安心です。

ケアをしっかり行い、新型コロナウイルスも生活習慣病も遠ざけて長生きで健康な生活できるようにしましょう。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

 

おすすめ記事

  1. 親知らずとは

  2. 高齢者の歯科治療について

  3. あなたの歯を守るには

  4. 保険外治療の保証のご案内

  5. 令和元年のうちに。

  6. 体にやさしいノンメタル治療について

ページトップへ