ブログ

ドライマウスになると

ドライマウスは口の中の唾液の分泌量が減少することで、乾燥してくることです。

口が乾いていると口臭や、歯周病、口内炎、味覚障害などにつながってきます。
口の乾燥がひどい場合、シェーグレン症候群と言われる唾液や涙の分泌量が減る病気の疑いもあるため、まずは歯科や口腔外科で診てもらいましょう。

口が乾く原因が判明したら、病院でそれを取り除く指導をしたり、上顎から分泌される唾液の蒸発を抑えるマウスピースや口腔内を潤すスプレーやジェルなどを用いて治療を行います。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

 

おすすめ記事

  1. ウォーキングブリーチとは

  2. 口内炎について

  3. セレック治療(セラミックのつめ物、かぶせ物)

  4. カリエスリスクとは

  5. インプラント治療

  6. ドライソケットについて

ページトップへ