ブログ

親知らずの抜歯について

外来でよく親知らずは抜いたほうがいいですか?
という質問があります。
親知らずが存在していることで周りの歯ぐきに炎症を起こしたり、隣接歯にむし歯を作る可能性が
あるようでしたら抜歯をお勧めします。
もしかして大切な予定が控えていてその直前に親知らずが原因の痛みが出てしまうことが
あるかもしれません。
もし時間に余裕があるようでしたら親知らずの抜歯のタイミングです。
適切な歯のブラッシングで歯肉の炎症を改善できるようでしたら少しの間
経過観察をさせていただくこともあります。

親知らずが頬の粘膜に刺さったり、頬粘膜を噛んでしまったりすることがあります。
歯科矯正を開始する前に歯並びに影響が出るため、抜歯が必要と言われる
ことは多々あります。

抜歯をするのは若い年代の方がお勧めです。
若い人は圧倒的に傷の治りも早くダメージに対する耐性も高いのです。
何よりも親知らずの抜歯をしておくと今後、親知らずのトラブルで悩まされることが
なくなります。
年齢が上がれば基礎疾患が増えてくると、抜歯に対するリスクも高まります。
高齢者の方でも抜歯することはありますが全身疾患の既往歴と相談しながらの抜歯となります。
骨や歯の状態も若い時と異なります。
特に妊娠中の場合は歯ぐきが腫れやすく、親知らずのトラブルも多くなりがちです。
妊婦中の時は鎮痛剤や抗生物質など使いにくい時期もあり、産婦人科の先生方と連絡を取りながら
抜歯を行ないます。
妊娠予定のある方で親知らずでトラブルを抱えたくない方は特に可能な時期で妊娠前に
抜歯が望ましいと思われます。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

おすすめ記事

  1. むし歯になりにくいキシリトールとは

  2. 噛む力は大事です

  3. 赤ちゃんとこどもの食育について(離乳食を始める時期)

  4. 10月の休診日について

  5. 当医院での感染症対策について④

  6. 唾液の作用について

ページトップへ