ブログ

舌苔について

舌苔とは舌の表面に白く苔が生えたように見えるものです。
舌の表面の角質が伸びて硬くなりその隙間に細菌や汚れが溜まって
くるものです。

舌苔ができる原因として
1.汚れによりもの
  お口の中の汚れや細菌の死骸や細菌そのものが舌の上の糸状乳頭
  にたまってくることにより舌苔になります。
2.免疫力が低下することによるもの
  免疫力が低下することで起こる舌苔です。
  新陳代謝の低下や胃腸障害や免疫力が低下することによって糸状乳頭が過剰に角質化して
  舌苔が作られます。
3.機能低下によるもの
  舌の動きが悪くなってきたり、舌が上あごにつかなかったり、唾液によって汚れが
  洗い流されることがなくなると汚れが残って舌苔が付くようになります。

 舌苔は除去するには舌ブラシの使用をお勧めしますが、取りすぎると舌を傷つけてしまう
 ことになりかねません。適度に除去しましょう。
    
 井高野あおぞら歯科
 大阪市東淀川区井高野3-2-40
 06-6827-1919

おすすめ記事

  1. シェーグレン症候群について

  2. 禁煙で歯ぐきの状態が回復できるかもしれません

  3. 健康のために入れ歯を正しく使いましょう

  4. 舌苔について

  5. おはよう朝日で紹介されていました

  6. 歯ブラシ交換のチェックポイント

ページトップへ