ブログ

入れ歯の悩みを解決できる入れ歯について

入れ歯を装着するにあたってインプラントは怖いからとか金額が高いとか
の理由で方で入れ歯を選択される方も多いと思います。
入れ歯は保険適用のものと保険適用外(自費)のものとがあります。
保険適用の入れ歯は安価で作ることができますが、使用できる設計や材料に制約があり、
とりあえず噛む機能の回復ということを目的に考えられたものです。
そのため見た目である審美性や快適性などについて満足が得にくいことも多々あります。

そのため自費の入れ歯は高額になりますが、使う設計や材料が自由に選べるため見た目や快適さが
自分により合ったものが作れます。

入れ歯のデメリットを解決できる方法について5つの方法があります。
⓵入れ歯が外れやすい方
 ご自身の歯がまだ歯根だけでもいいので保存できる方は磁石の力で固定できる
 マグネット義歯がお勧めです。
 総義歯の中に磁石を埋め込んで、歯根の方にも磁石を埋め込むことで安定できます。
  利点として  
    お手入れが簡単
    金属のバネがないため見た目が良い
    違和感が少ない
    ピタッと固定できるため安定感があり、よく噛めるなど
       
⓶金属のバネがあり見た目が気になる方 
  入れ歯といえば歯が残っている方は金属のバネがついているため、
  見た目が気になるという方はバネを特殊なものにする
  ノンクラスプ義歯がお勧めです。
   利点として
     見た目が良い
     軽くて柔らかい
     違和感が少ない

⓷入れ歯の厚みの違和感が気になる方へ
  入れ歯の床の部分は保険の場合はピンク色の樹脂でできています。
  樹脂の場合は強度的に金属と比べると弱いため強度を増すために入れ歯の床の厚みはある程度ないと
  入れ歯の床が破折してきたり、ひびが入ったりされます。
  特に噛む力が強い方は入れ歯の床をする必要があります。
  金属の床にすることによって床を薄くすることができ、強度的にも強くでき、味を感じやすくなります。
   利点として
     お口の中の違和感が少ない
     薄くて丈夫である
     熱いとか冷たいとかの温度の感覚が伝わりやすい

⓸入れ歯によって痛みを感じやすい方
  入れ歯の内面がシリコン製の場合ピタッとくっつきやすく、やわらかいため傷ができにくいため
  痛みが生じにくくしたい方はシリコンデンチャーがお勧めです。
   利点として
     吸着性がよいため外れにくい
     見た目が良い
     歯ぐきに痛みがない
     よく噛める
      
⓹入れ歯が動くことに抵抗感があり、しっかり噛めることをお求めの方へ
  インプラントと入れ歯を併用することによって、インプラントはしっかり固定されているため、
  入れ歯単体と比べてしっかり固定されて動かないため噛む力も直接伝えることができ、
  しっかり噛むことができます。
    利点として
     お手入れが簡単
     金属のバネがなく、見た目が良い 
     違和感が少ない
     ピタッと固定されるため、よく噛める

 など入れ歯でお悩みがある場合はいろんな方法で解決できる可能性があります。
 まずはあきらめないでお気軽に当医院へご相談ください。

  井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

おすすめ記事

  1. さわやか診療のお知らせ

  2. お子さまの歯並びによる小児矯正について

  3. エアーフロークリーニング(ジェットポリッシャー)着色除去について

  4. なぜ根元のむしばが増えているのでしょうか?。

  5. 歯科心身症について

  6. こどもの歯みがきの習慣化について

ページトップへ