ブログ

むし歯は初期に退治しましょう

むし歯は進行度合いによってC0、C1、C2、C3、C4までの5段階あります。
歯を削らずに治せる可能性があるのはC0(初期むし歯)の時です。
この段階では歯に穴は開いていない状態で、エナメル質が溶けだし始めた状態のため
痛みなどの症状はなく、歯が周りの歯質と比べて白くなってきていたり、
奥歯の溝が茶色に着色するといった特徴があります。
この時期にむし歯の進行を止めることが重要です。
この時期に努力をすれば自然治癒が期待できます。

むし歯になって歯を削ることは誰でも気が進まず、いやなものです。
むし歯を放置していると確実にどんどん進行していき
歯がしみてきたり、何もしなくても痛みが出たり、噛んだりすると痛みが出てきたり、
歯ぐきが腫れてきたりします。
そのようなことがないように歯科医院での適切な処置と患者さまご自身でのお手入れと
定期的な歯科医院でのメンテナンスが必要になります。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

おすすめ記事

  1. お口の虚弱(オーラルフレイル)を防ぐトレーニングとは③

  2. 知っているようで知らない口内炎

  3. 歯周病菌が血管にこぶを作ります

  4. 7月の休診日についてのお知らせ

  5. 歯に優しい虫歯治療であるカリソルブについて

  6. 大人気★ダーマペン4導入しています!!(2)

ページトップへ