ブログ

セラミック治療について

新型コロナウイルス感染症の影響でかぶれなどの症状があらわれている方が
多くなっています。
例えば、消毒液やマスクなどでかぶれている人がいる一方で
歯科用の金属でもアレルギーになる人も意外と多いのです。
当医院に通われている患者さまで、ずっと顔や背中にかゆみがあり、
20年ぐらいステロイドの軟膏を塗っていたそうですが全然、一向に
よくならず皮膚科に通っていたとのことでした。
ステロイド軟膏で効かないということはそれ以外に原因があるのではと思い
悩まされていました。
耳に開けたピアスの金属でも耳がかゆくなったとのことでした。
たまたまむし歯になっていないか、歯石取りで来院されました。
歯に詰めている金属の中でむし歯になっているものがあり、
むし歯を取って金属からとりあえず樹脂のもので詰め物をしてみたところ
少しかゆみが取れたということで金属の詰め物やかぶせ物を樹脂やセラミックの
かぶせ物に変更したことろ見違えるように顔の赤みが取れて大変満足されました。

原因不明の皮膚炎と歯の治療とは無縁のものだと思われがちですが、
実は密接に関係していることがあり得るのです。
セラミックは審美性はもちろんのことですが、金属アレルギーの点からでも
有効的です。
最近ではオールセラミックというセラミックだけのかぶせ物や詰め物もあり
種類も多様化されています。
当医院ではセラミックの詰め物1本当たり35000円(税抜き)
セラミックのかぶせ物1本当たり55000円(税抜き)~85000円(税抜き)
になります。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

おすすめ記事

  1. むし歯治療に銀歯とは

  2. 歯ぐきが下がる原因

  3. 歯を抜いたらどう治っていくのでしょうか

  4. 気付いた時は遅いかも

  5. 10月休診日のお知らせ

  6. エアーフロークリーニング(ジェットポリッシャー)着色除去について

ページトップへ