ブログ

小児矯正のメリット

通常は歯が並ぶためのスペースが不足しているために歯並びがガタガタになってしまうことが
原因で起こってきます。
歯の並ぶ場所を作るにはあごの骨が成長するときにタイミングをみながら拡大床を入れてスペースを
作る方法か抜歯をしてスペースを作る方法とのどちらかになります。
あまり抜歯はしたくない方が多いと思います。
そのためには拡大床をあごの骨の成長に合わせていかれるほうが抜歯のリスクはかなり少なくなります。
対象年齢は6歳くらいから10歳くらいの間から始めることになります。
あごの骨が成長しきってしまうと思うように拡大できないため理想の歯並びから
遠ざかってしまいます。

歯科健診にて診断させていただきます。
ご用命の方は当医院のスタッフまでご相談ください。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

おすすめ記事

  1. 黒い歯、変色した歯はございませんか?

  2. 歯科と不定愁訴(自覚症状はあるが何も異常が無い)ことについて

  3. 口臭予防について

  4. 親知らずは抜いた方が良いのでしょうか?②

  5. これで完璧 4つのむし歯予防

  6. 誤嚥性肺炎にならない! 「のど活」3か条

ページトップへ