ブログ

小児矯正のメリット

通常は歯が並ぶためのスペースが不足しているために歯並びがガタガタになってしまうことが
原因で起こってきます。
歯の並ぶ場所を作るにはあごの骨が成長するときにタイミングをみながら拡大床を入れてスペースを
作る方法か抜歯をしてスペースを作る方法とのどちらかになります。
あまり抜歯はしたくない方が多いと思います。
そのためには拡大床をあごの骨の成長に合わせていかれるほうが抜歯のリスクはかなり少なくなります。
対象年齢は6歳くらいから10歳くらいの間から始めることになります。
あごの骨が成長しきってしまうと思うように拡大できないため理想の歯並びから
遠ざかってしまいます。

歯科健診にて診断させていただきます。
ご用命の方は当医院のスタッフまでご相談ください。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

おすすめ記事

  1. 喫煙のリスク

  2. ゴールデンウィークの診療についてのお知らせ

  3. キシリトールとは

  4. 歯と口腔の健康チェック

  5. 日常的に気付かないお口の習慣

  6. 小児矯正について

最近の記事

2月の休診日について

ページトップへ