ブログ

歯並びの矯正について気になる費用と時間とメリットについて

中高年の方でも歯並びを矯正する人が増えています。
「中高年からの歯列矯正」と聞いて「この年齢になって?」「今からやっても…」
と思うかたも多いと思うので、歯列矯正での費用と時間とメリットについてお話します。
矯正は自分自身の歯がある程度の本数があれば何歳からでも始めることができます!
決して安いものではありませんし、治療に時間がかかるなどの検討材料はありますが、
例えば歯を失ってからインプラントを行うのも、金銭的には負担が大きくなります。何よりも
自分自身の歯でなければ、噛めても健康効果が高くはないため、老後の健康を考えると
中高年から歯列矯正をするのも視野に入れるべきだと考えられます。
日本では、健康寿命の延伸のカギとして「80歳になっても20本以上の歯を保とう」という「8020運動」
が行われています。最新の調査では、80歳以上で歯が20本以上ある人が初めて50%を超え、
皆さん自分の歯が20本以上あると安心されているのですが、嚙み合わせが悪いと咀嚼が上手くできず、胃腸での
消化吸収が悪くなり、歯周病にもかかりやすくなってしまいます。
そのため不正咬合を治して嚙み合わせを良くし、歯周病や全身疾患に繋がるリスクを低くするメリットが歯列矯正にはあります。
健康はもちろんのこと、見た目の美しさが向上し、精神的満足度が高いことも歯列矯正のメリットになります。
歯列矯正での期間はかなりの個人差がありますので、子供とは違い大人には治療痕があるなど、口腔内の環境もさまざまに
なるので、最低でも2年程度はかかると考えておく必要があります。

気になる費用ですが、一部のケースを除いて保険適用外となります。
昨今、『2万円から始められる』とうたうものもありますが、ほとんど2万円で終わることはありませんし、”D2C矯正”といって、矯正を診断できる専門医が毎日いないケースが多いので注意が必要です。
医院によっては毎回調整料に3000~5000円など、細かく請求される場合もあるので、はじめに総額を聞いてみることをおすすめします。

当院では、調整料を2200円(税込み)かかります。
”MTM矯正”という小矯正(部分矯正)片顎ですと15~20万円、
マウスピース矯正ですとケースにもよりますが、60万円からが多いです。
相場だけでなくわからないことが多い歯列矯正、いつでも相談にお越しください。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40 1階
06-6827ー1919

おすすめ記事

  1. 妊娠中のお口の中のトラブル

  2. 歯周病があるかをチェックしてみましょう

  3. 8月の休診日について

  4. 虫歯予防デーについて

  5. 新型コロナウイルスの感染を防ぐ❗

  6. 最新の材料でより天然歯に近いものに

ページトップへ