ブログ

セラミックの種類について

審美歯科治療の詰め物や被せものにはセラミックという素材が多く使われます。
セラミックは、白くてきれいな歯を再現しますが、実は、いくつか種類があります。
セラミック治療は数十年の歴史があり、近年では多くの改良が加えられた高品質のセラミックも開発されています。
今回はセラミックを使った被せ物や詰め物を紹介します。

全てセラミック
透明感があり、変色や金属アレルギーの心配もなく、汚れや歯垢がつきにくいので衛生的です。

セラミック+ジルコニア
透明感があり、変色や金属アレルギーの心配もなく、汚れや歯垢がつきにくいので衛生的です。
内面がジルコニア(人工ダイヤモンド)なので、丈夫で嚙む力が強い方に適しています。

セラミック+金属
内面が金属なので、透明感は劣りますが、丈夫で変色の心配もなく、嚙む力が強い方に適しています。

ハイブリッド
セラミックとプラスチックの複合材でできています。セラミックより美しさは劣り、多少の変色もありますが、
適度な硬さで嚙み合う歯にやさしい素材です。

他にもすべてジルコニアのタイプや機械が被せものを作ってくれるCAD/CAMも注目されています。

CAD/CAMとは

コンピュータによって被せものなどを設計し、セラミックのブロックを機械で削り、製作します。

歯科技工所のコストがない分、比較的リーズナブルにセラミックの白い歯をいれることができます。

 

セラミック単体でしたら金属を使用しない分金属アレルギーの危険性は回避でき、

お体にとって一番優しい素材と言えます。

現時点で歯科材質の中では天然歯と同格である硬さやしなり具合はセラミックと言われて

います。

当医院では、セラミック治療として

セラミック治療オールセラミックの詰め物は38500円(税込み)でさせていただいています。

オールセラミックのかぶせ物は60500円(税込み)

でさせていただいています。

セラミック治療をしてホワイトニングをされる方は通常10500円のところを

ホームホワイトニングの費用を5500円(税込み)でさせていただいています。

定期的検診に来てもらっていることで、かみ合わせが気になってくることが

あった場合はかみ合わせも調整させていただいています。

定期的なメンテナンス(1~3ヶ月毎)に来ていただくことで

2年間の保証をつけさせていただいています。

歯を長く良い状態を維持するには定期的なメンテナンスが重要だと思っています。

ぜひこの機会に考えてみられてはいかがでしょうか?

 

井高野あおぞら歯科

大阪市東淀川区井高野3-2-40 1階

06-6827-1919

 

おすすめ記事

  1. 年末年始の休診日のご案内

  2. 痛みがあるときの治療の流れについて

  3. コロナウイルス感染症対策について

  4. 歯ぐきのマッサージ

  5. インプラントをして痛い思いをされた方やこれからインプラントの手術を受けられるへ

  6. 唾液力について

ページトップへ