ブログ

骨隆起について

骨隆起とは骨が部分的に過剰に作られたもので触れるとこぶのように硬く骨ばっています。
上顎では口蓋に中央に膨らみができます。

下顎では舌側の糸切り歯(犬歯)の付近にできます。

左右対称の場合も片側の場合もあります。ひとつだけでなく複数個見られることもあります。

噛みしめる力により歯や歯ぐきにかかる負担が強いと生体の防御反応として歯を支えている骨を厚くして噛む力に対抗しようとします。
その結果、骨にこぶの様の膨らみが出来てしまいます。

悪性のものではありませんので基本的に問題はないのですが、入れ歯を作るときに邪魔になる場合や発音時や食事の時に支障をきたすという場合は除去することもありえます。

歯ぎしりやくいしばりが原因の場合、マウスピースを作って歯や骨に負担を少なくする方法もあります。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

 

おすすめ記事

  1. ヒアルロン酸の施術について

  2. 入れ歯について

  3. 口臭の原因について

  4. 歯の根の病気と治療(根菅治療)について

  5. 母から子へ、虫歯は感染する?

  6. ゴールデンウィークの診療についてのお知らせ

ページトップへ