ブログ

むし歯は初期に退治しましょう。

むし歯になって歯を削られることは誰も気が進まないものです。
だからといってむし歯を放置していれば確実に症状は悪化していきます。
ごく初期のむし歯であれば削らなくても経過観察をしたり、予防充填をしたりすることで治ることも
あります。
そのためには歯科医師の適切な処置と定期的なメンテナンスや患者さまご自身での口腔セルフケアが必要になります。
 
まずは歯科医院で歯のクリーニングをしましょう。
歯は歯垢(プラーク)によって出される酸で溶かされていきます。
また歯石はむし歯菌の温床になります。このプラークや歯石を除去してお口の中を酸性から再石灰化を促進させる
アルカリ性にしておく必要があります。
まずは歯科医院でプロによる徹底的なクリーニングをしてもらいましょう。
 
毎日ていねいな歯磨きをしましょう。
エナメル質の主な成分はリン酸カルシウムです。唾液には大量のリンやカルシウムが溶け込んでいるため、
ていねいに歯みがきをしていれば、この成分が自然にエナメル質に戻っていくことがあります。
正しいブラッシングを意識することが大切です。

フッ素塗布も効果的です。フッ素はエナメル質を強化して溶けにくくさせ、むし歯菌の抑制作用もあります。
最も効果的なものは歯みがきの後にフッ素入りのジェルを塗りこむことです。
ジェルタイプが唾液に流されにくいため、長時間フッ素の効果を歯に留まらせることができます。
当医院ではフッ素入りの歯磨きジェルを置いています。

間食を控えて時間を空けて食事をしましょう。
お口の中は食事をするたびに酸性になり歯が溶かされていますが、唾液のミネラルによって元に戻ることを
繰り返しています。間食を何度もしたりダラダラと長時間飲み食いしていると歯は溶かされてしまいます。
むし歯を自然に治すには間食をせず、食事を規則正しく摂ることが重要です。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

おすすめ記事

  1. オーラルフレイル(お口の中の衰え)の評価方法について

  2. 10年後まで美しく体を整えましょう

  3. 当医院での感染症対策について②

  4. 歯の汚れをしっかり取るためにはPMTC(プロによる歯のクリーニング)をしてもらいましょう。

  5. 誤嚥性肺炎を予防するための口腔ケアや歯磨きについて

  6. 小児矯正について

ページトップへ