ブログ

親知らずは悪さをします。

1.磨けません。
どんなに一生懸命磨いても親知らずには歯ブラシが届かないのです。
2.むし歯になります。
汚れが溜まることにより親知らずだけでなくその手前の歯もむし歯になります。
3.炎症を起こします。
親知らずが出てくるスペースがない場合には変な方向に向かって出てくることが多く、歯ぐきがかぶったままになり、炎症を起こしやすくなります。
4.歯周病の原因になります。
親知らずの周りに汚れが溜まることにより、手前の歯の顎の骨を溶かして歯周病になります。
5.口臭の原因になります。
磨けないために汚れがたまり、口臭の原因になります。
6.歯ぐきを噛んでしまいます。
上の親知らずが出てくると下の歯ぐきを噛んでしまい腫れや炎症の原因となります。
7.手前の歯の根を溶かしてしまいます。
手前の歯の根を押した場合には、その押された歯の根は溶けてしまうと場合があります。
8.歯並びを悪くします。
親知らずが手前の歯を押すことにより、歯並びを悪くする場合があります。
9.顎関節症になります。
親知らずが手前の歯より出てくると顎の動きを邪魔することになります。そうなると顎関節症を引き起こします。
10.顎の骨折の原因となります。
親知らずが顎の深いところに埋まっていると何らかの外力(転倒や殴られること)などが加わった時に顎の骨折が起きることがあります。

 

おすすめ記事

  1. 歯みがきについて

  2. 金属アレルギー対策について

  3. paypay使用についてのご案内

  4. 名古屋にきました。

  5. ウォーキングブリーチについて

  6. 7月の休診日についてのお知らせ

ページトップへ