ブログ

セラミックとCADCAM冠の違い

セラミックとCADCAM冠は似てるようでそれぞれ異なった特徴を持つものです。今回はぜひその違いを知っていただきたいと思います。

🦷セラミックの特徴

長所

・数あるガラスセラミック材料の中で、高い強度と審美性を持ったe.maxを使用しているので、割れにくくきれい。(歯ぎしり、食いしばりの方にも対応可能)

・歯茎が下がったときにきわが黒ずんで見えることがない。

・従来のセラミッククラウンで汎用されていているハイブリッドセラミックタイプに比べ、色調、耐久性、抗細菌付着性が格段に向上している。

・変色せず、劣化しない。

短所

・費用がかかる

・割れるリスクが全くないわけではない。

 

🦷CADCAM冠の特徴

長所

・保険が適用される。(小臼歯と一部大臼歯)

・保険対応で白い歯を入れることが出来る。

短所

・破折リスクがあり割れる可能性がある。

・変色し黄ばんで来る。

 

セラミックは5年後でも白いままですが、CADCAM冠は5年後には黄ばんできて、その違いは一目瞭然となります。値段と長期的な満足度の問題にはなり、ご自身がどちらを選ばれるかに尽きると思いますが、このような違いがあることを知っていただけたのではないでしょうか。

 

セラミックとCADCAM冠について、またその他のお悩みがございましたら、お気軽に当院スタッフまでお尋ねください。

平日はもちろん土日も診療しています。

駐車場完備です。

セラミック治療は詰め物は35000円(税込み)被せ物は60500円(税込み)~です。

 

 

井高野あおぞら歯科

大阪市東淀川区井高野3-2-40 1階

06-6827-1919

 

おすすめ記事

  1. 歯ぐきが腫れる主な原因

  2. ドライマウスになると

  3. ゴールデンウィークの診療についてのお知らせ

  4. ポピドンヨードについて

  5. 訪問で歯科診療をご希望の方

  6. 喫煙のリスク

ページトップへ