ブログ

命の芽生えを知ったら

赤ちゃんの丈夫な歯を育てましょう。
女性の体は妊娠によって大きく変化します。
外形はもちろんのことですが、見えない体の中も生活も変わります。
この変化が歯や歯ぐきの問題を引き起こすきっかけとなり、出産後に歯の病気に悩む方がいます。
そんなことにならないよう、体が安定期を迎えたら、お口の健康診断をおすすめします。

妊娠したら今までよりも丁寧に歯や口のお手入れをしてください。
昔はこんなことをいわれていました。
妊娠や出産を経験した女性は、赤ちゃんにカルシウムを奪われるため歯が悪くなると言われていますがそれは違います。

赤ちゃんができるとホルモンのバランスがかわってくるため、歯ぐきが腫れやすくなり、出血しやすくなります。
唾液の分泌量が減り、ネバつくようになり、歯に汚れが付きやすくなります。
また、つわりの時期を過ぎると食べ物を口にする機会が増えるため、妊娠中はむし歯や歯周病になる条件がいくつも重なり、どうしても歯や口の病気が始まりやすいです。

お母さんの歯や歯ぐきの病気は赤ちゃんのせいではないのです。

栄養バッチリの母体が赤ちゃんの丈夫な歯を育てます。
赤ちゃんの歯はお母さんのおなかの中でその芽ができます。
乳歯は妊娠5週から9週、そして大人の歯も16週でできます。
お母さんが栄養を十分にとらないと、赤ちゃんの歯の芽が栄養不足になります。
骨やアゴの発達を促すビタミンAやビタミンD、妊娠中は腸からの吸収力が高まるカルシウム(骨や歯の成分)などを積極的にとってください。
栄養バランスのよい食事が、赤ちゃんの歯の芽を丈夫に育てます。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

 

おすすめ記事

  1. 口臭の原因と対策について

  2. う蝕(虫歯治療)についてのご案内

  3. 顎関節症について

  4. 歯ぐきのマッサージ

  5. セラミック治療について

  6. 外出自粛時の口腔ケアについて

ページトップへ