ブログ

顔面に原因不明の激痛があれば

顔面を殴られたような痛み(激痛)は三叉神経痛かもしれません。
口の周りや歯、歯茎に激しい痛みを感じることはありますか?
痛み止めを飲んでも痛みが治まらず、抜歯をしたいと思っている方は一度歯科医院へ来院してください。
レントゲン検査などで検診をしてみてそれでも診断がつきにくい場合は原因が歯ではなく三叉神経が原因かもしれません。

三叉神経は脳の真ん中の脳幹からでている大きな神経で熱さや冷たさなど、顔で感じた感覚を脳に伝える役割を果たしています。

三叉神経に異常が起こり、顔の一部を突発的な激痛が襲うのが三叉神経痛です。
神経障害性疼痛の一種で神経の老化や血管の硬化かで起こるといわれています。

痛みが出る場所は個人により異なりますが、食事をする、顔に触れる、口を動かすなどわずかな刺激で痛みの引き金になることがあります。
三叉神経痛は女性のほうが男性より罹患率が2倍多いといわれています。
三叉神経痛は50歳以上に増加傾向があります。
秋から寒い時期に血管が収縮して神経を圧迫することで起こったり、女性ホルモンの減少により血液中の中性脂肪が増加し、血管を硬くしてしまうことも原因ともいわれています。

三叉神経は3つの神経が枝分かれしています。
第1枝が眼神経、第2枝が上顎神経、第3枝が下顎神経です。
このうち歯科で関係してくるのが第2枝の上顎神経、第3枝の下顎神経です。

近隣の他の医院で三叉神経痛を副鼻腔炎と診断されたり、虫歯といわれたり親知らずが原因と診断され抜歯をしても痛みが取れないと相談しに来られる患者様がいらっしゃいます。
三叉神経痛への対応法を知っておかないと原因不明の激痛に悩み続けることになります。

あまりにも痛みがひどい場合は三叉神経痛の対応法で過敏になっている三叉神経の働きを弱めて痛みを緩和するために投薬することもあります。
ですが、眠気とかふらつきなどの副作用もあるため患者様の状態を聞いて慎重に服用してもらうことをお勧めします。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

 

おすすめ記事

  1. 歯を失ってしまったら

  2. 歯の神経を取ったのに痛みがあるのはなぜ?

  3. 口臭が気になりませんか?

  4. 診療のご案内

  5. ドライマウスになると

  6. 舌苔について

ページトップへ