ブログ

ウォーキングブリーチについて

・ウォーキングブリーチってどんな治療でしょうか?

まず、ウォーキングブリーチとは、神経が無く黒くなっている歯を元の歯のように白くするホワイトニング治療のことをいいます。歯が黒いことで気になっている方は、自信をもって笑顔を見せることが出来るようになるでしょう。また、歯を削らずに変色した失活歯を白くしたい方や歯ぐきの黒ずみを改善したい方(変色歯が原因の場合)にぴったりの治療となっています。

実際の治療としては、歯の裏側に穴を開け薬を入れることで歯の中から白くしていきます。歯の裏側に穴を開けるため、治療跡もあまり気にならないようになっています。料金は1回1本当たり5500円(税込み)です。1週間に1度のペースで詰め替えていきます。(ただし、歯の根の治療が終わってからとなります。)

 

・では、何で神経が無くなって黒い歯ができるのでしょうか?

もともと、神経が生きている歯は血液が通っています。しかし、過去に歯をぶつけたり、詰め物の中で炎症が起こったりすると神経が壊死することがあります。このように、神経が壊死すると血液は流れなくなり、歯髄(歯の神経)の部分のタンパク質が編成し変色することによって、また、固まった血液自体によって歯の中が黒く見えるのです。これが黒い歯の原因です。

 

・Q&A

Q.治療は痛いのでしょうか?

A.神経の無い歯に行うものですので、痛みの心配はございません。

 

Q.神経の無い歯ならどんな歯でも治療を行うことが出来ますか?

A.十分な大きさの歯が無いと行うことが出来ません。表面に大きな詰め物が入っていたり、虫歯での着色などがある歯には適していません。別の治療をおすすめ致しますので是非ご相談ください。

 

Q.また元のような白さになりますか?

A.染み抜きの様な治療ですので、必ず周りと同じ色にできるというわけではありません。変色している歯を差し歯にするのは嫌だが、もう少し目立たないようにしたいと考えていらっしゃる方に向いた治療でございます。

 

ウォーキングブリーチについて不明な点、またその他の歯の悩みごとがございましたら、気軽に当院スタッフにお尋ねください。

平日は20時まで、土日は17時まで診療しています。

 

井高野あおぞら歯科 (駐車場完備)

大阪市東淀川区井高野3-2-40 1階

06-6827-1919

 

おすすめ記事

  1. 名医が勧める歯みがき術

  2. 口腔機能低下症とは

  3. むし歯がないのに痛がるのは

  4. オーラルフレイルについて

  5. 大阪シティバスから出発します

  6. 歯は再生します

ページトップへ