ブログ

表情筋トレーニングでアンチエイジング!

・表情筋とは…

私たちの顔は皮膚に覆われていて中は見えませんが、縦横斜めに多くの筋肉が走っています。これらの筋肉は相互に作用していて、口や目を開けたり閉じたり、また「喜怒哀楽」様々な表情を作ります。目の周りは「眼輪筋」、口の周りは「口輪筋」というようにそれぞれ名称がありますが、これらを総称して「表情筋」といいます。

 

・表情筋も使わないと衰える

この表情筋は実は腕や足と全く同じで、使わないとどんどん衰え、老化していきます。

全く使わない良い例が「パソコン業務」です。パソコンに集中している時には瞬きの回数が著しく減り、完全に無表情です。

 

・作り笑いが一番悪い

作り笑いは顔が疲れる最大の原因です。作り笑いをしていると顔面の神経が非常に疲れ、表情筋も歪んできます。

顔がぴくぴく痙攣する人はストレス蓄積の危険信号なので要注意です

 

・表情筋トレーニング法

それでは、表情筋トレーニングについて見てきましょう。

1.顔全体を縦に思い切り引き伸ばし、今度はクチャクチャに縮めます。

2.口を大きく開け、今度は思い切りつぼめます。「あ」「い」「う」「え」「お」と、大きな声を出して顔の表情筋を思い切り引き伸ばして下さい。

3.額に思い切りシワを作るように、頭皮を前に寄せます。今度は額のシワを伸ばすように頭皮を後ろへ。

4.「ひょっとこ」みたいに口を尖らせて、左右交互に寄せます。

5.唇を思い切り口の中へ押し込み、今度は「鳥天狗」のように思い切って尖らせます。

6.目を思い切りつぶり、今度はパッチリ開けます。これは、目の疲れにも非常に効果があるので、一日に何回もすることをオススメします。

7.舌を思い切り出したり、引っ込めたりします。舌と喉を鍛えることが出来ます。

8.顎と首のストレッチです。あごと首を思い切って後ろへ伸ばし、「イー」と「ウー」の表情を作ります。「二重あご」の改善にオススメです。

9.8と同じく、あごと首のストレッチ。右上方、左上方へ交互に思い切り引き伸ばします。

10.仕上げに… 耳を思い切り引っ張ります。

 

・表情筋トレーニングの効果

これらのトレーニングを一日に数分行うことで、表情筋の運動不足や顔面神経の疲れを解消することが出来ます。また、長時間続けば、顔のむくみ、歪み、しわ、たるみは確実に減り、「顔痩せ」も自然に実現します。さらに表情筋トレーニングは「顎関節症」にも予防効果があります。顎関節症はストレスで歯を食いしばったり、歯ぎしりをすることによっておきます。ですから、口を開けたり閉めたり、顎を左右に動かしたり、首の筋肉を伸ばしたりする表情筋トレーニングは、まさにうってつけです。

 

・いつ行うのが効果的か?

朝の目覚めと共に寝床の中で、夜は浴槽の中で行うのが、最も効果的だと言われています。

 

・行う時間の目安は?

表情筋のトレーニングは、一つのエクササイズを数回行っただけでは、目に見えた効果はありません。初めは少し大変ですが、一つのエクササイズを一日50回程度行って下さい。それでも合わせて数分です。スキマ時間にアンチエイジングができるわけです。

最初は顔が筋肉痛になりますが、頑張って続けてみてください!

 

その他気になることがございましたら、気軽に当院スタッフまでお尋ねください。

平日は20時まで、土日は17時まで診療しています。

 

井高野あおぞら歯科 (駐車場完備)

大阪市東淀川区井高野3-2-40 1階

06-6827-1919

おすすめ記事

  1. 個室チェアーを新設しました

  2. 顎のコリのセルフケア

  3. インプラントでも歯周病になるかもしれません

  4. 知っているようで知らない口内炎

  5. 検診の重要性

  6. 当医院での感染症対策について③

ページトップへ