ブログ

そもそもなんで虫歯になるの?

虫歯の原因

 

虫歯の原因は3つです。

 

1.細菌

歯磨きの不十分などで、歯を溶かす酸を作る虫歯菌が多くなっている状態

2.歯質

体質や歯の表面が再石灰化されにくい環境などで歯質が弱くなっている状態

3.食べ物

虫歯菌の栄養が間食や磨き残しなどで豊富な状態

 

この3つの要因が重なっていくことで虫歯になりやすくなります。つまり、この3つをコントロールすることで、虫歯を予防できます。

 

 

 

虫歯ができるまで

 

虫歯菌が砂糖の入った食べ物や飲み物の環境の中で、酸を作り出します。酸で歯からミネラルが溶け、そのミネラルが多くなると虫歯になってしまいます。

 

 

 

こんな人は要注意!

 

甘いものが好き

間食が多い

お口の清掃が不十分

 

 

 

ちょっと下工夫で、虫歯は予防できます

 

すでに治療している歯は、歯ブラシが届きにくかったり、汚れが溜まりやすかったりで「虫歯になりやすい箇所」と考えておくべきでしょう。

詰め物や被せ物の治療をした歯が再び虫歯になってしまう。「二次う蝕」は詰め物の境界や被せ物の下から発症することが多いため、これらの部位を丁寧に磨くことで発症を予防します。歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシも用いることで予防効果は高まります。

 

 

 

歯の事でお困りでしたら当医院スタッフまでお問い合わせください。

 

土日も夕方5時まで診療いたしていります。

駐車場完備

井高野あおぞら歯科

大阪市東淀川区井高野3-2-40 1階

 

 

おすすめ記事

  1. 智歯周囲炎とは

  2. 子供の発達にとって大切なこと①

  3. シェーグレン症候群について

  4. 入れ歯のお手入れについて

  5. 新型コロナウイルス感染予防について

  6. 金属アレルギー対策について

ページトップへ