ブログ

小児矯正の費用について

子供の歯列矯正は歯の生え変わりを目安に、乳歯のみまたは乳歯と永久歯が混在している「第一期治療」と永久歯が生え揃った「第二期治療」に分かれます。

 

・第一期治療

第一期治療は乳歯が生え残っている3~12歳ごろまでのお子さまが対象です。永久歯が正しい位置に並び、正しい噛み合わせができるように骨格を整えていく治療が中心です。永久歯の土台を整えることで永久歯がきちんと生え納得すればこれで終わりですが、理想的な歯並びや噛み合わせにするために第二期治療に続きます。

第一期治療では主に「床矯正」と呼ばれる取り外し式の装置を使います。子供の成長に合わせて装置を交換しながら顎の成長を促します。そして、1装置あたりの平均相場は25,000~70,000円、第一期治療のトータルの費用相場は200,000~400,000円と言われています。

 

・第二期治療

第一期治療で骨格のずれや歪みを整えたあと、第二期治療に移行して歯と歯の隙間やねじれをきれいに整えます。
第二期治療はブラケットとワイヤーを用いて歯並びや噛み合わせを調整するのが一般的です。基本的に大人の矯正とほとんど変わりません。骨格のゆがみなどの問題はなく、歯並びの問題というケースでは、あえて第一期治療は行わず、タイミングを見ながら第二期治療から開始するケースもあります。

第二期治療のトータルの費用の相場はワイヤー矯正で250000~650000円程度です。

 

保険は適用しない治療になりますので、少し高くなってしまいます。

 

矯正に関する疑問点、またその他お困りのことがございましたら、お気軽に当院スタッフまでお尋ねください。

 

土日も夕方5時まで診療いたしていります。

駐車場完備

井高野あおぞら歯科

大阪市東淀川区井高野3-2-40 1階

おすすめ記事

  1. 親知らずとは

  2. 当医院での感染症対策について④

  3. こどもの歯並びについて

  4. これで完璧 4つのむし歯予防

  5. 歯の色が気になる方へ

  6. ヒアルロン酸とは

最近の記事

4月の休診日について

ページトップへ