ブログ

セレックによるセラミック治療

セレックシステムは、コンピュータにより詰め物やかぶせ物を設計・製作する、いわゆるCAD/CAMシステムの一種です。測定から制作までをコンピュータで行うため、これまでの治療のように歯型を取る必要がありません。

セレックでは3D光学カメラを使用し、歯をスキャンし、コンピュータ上にお口の中の3Dモデルを作製します。撮影からわずか数秒で画面には歯並びのCGモデルが表示されます。光を使って撮影を行うため、その精度はとても高いです。そしてコンピュータの画面上にてかぶせ物を設計し、機械がデータをもとにかぶせ物を作製します。

 

・セレックはなぜ費用が安いの?

セレックは通常のセラミック治療と比べて、費用を安く抑えられます。それは工程の違いにあります。通常詰め物や被せ物を制作するときには、歯科技工所に発注をかけ歯科技工士が手作りしていきます。これが、治療完了までにお時間をいただくことに繋がり、技工料がかかるため高額になってしまう傾向にあります。
しかし、セレックの場合はすべて院内で測定から制作までを機械が担当するので、素早い治療とともに、費用も安く抑えることが可能となっています。

 

・セレックの流れ

①歯を削る

歯を削り、セラミックを設置する準備を整えます。

②型取り(スキャン)

3D光学スキャナーによる型取りを行います。印象材は使用せず、お口の中を撮影するだけで正確な型取りができます。印象剤が苦手な方も安心です。

③コンピュータによる修復物の設計

スキャニングデータから、患者様のお口にぴったり合った修復物の設計図を作成します。

④修復物の作製

設計図を元に、セラミックブロックから修復物を作り上げます。

⑤修復物の取り付け

歯科医により、修復物を取り付けます。

 

 

今回はセレックの仕組み、安い費用の訳を説明いたしました。

セレックに関する疑問、またその他お困りのことがございましたら、お気軽に当院スタッフまでお尋ねください。

 

土日も夕方5時まで診療いたしていります。

駐車場完備

井高野あおぞら歯科

大阪市東淀川区井高野3-2-40 1階

 

おすすめ記事

  1. 最新の材料でより天然歯に近いものに

  2. 治療済みでも虫歯が再発するわけは?

  3. 小児矯正相談について

  4. インプラントについて

  5. むし歯治療に銀歯とは

  6. インプラントか総入れ歯、迷っているあなたへ!

最近の記事

4月の休診日について

ページトップへ