ブログ

サホライド(むし歯の進行止めのフッ素)について

サホライドはむし歯の進行を防ぐ薬です。歯の表面に作用して歯を強くして、むし歯になりにくくします。繰り返し塗ることで効果が出てきます。しかし、歯磨きが不十分だとむし歯になりますので、歯磨きはしっかりとする必要があります。この処置は、定期検診にあわせて1~3ヶ月ごとに行うことをおすすめします。

サホライドを塗った歯は黒く変色します。唇等についた変色は徐々に薄くなりますので心配はいりません。衣服等につきますと変色しますのでお気を付けください。

 

・処置後の注意

サホライドを塗った後は、30分ほど飲んだり食べたりしないでください。唾を吐くのは構いません。お口の中にサホライドが長い間あった方が有効です。尚、サホライドを飲み込むのは大丈夫です。

 

またその他様々なフッ素があります。

疑問、お困りのことがございましたら、お気軽に当院スタッフまでお尋ねください。

 

土日も夕方5時まで診療いたしていります。

駐車場完備

井高野あおぞら歯科

大阪市東淀川区井高野3-2-40 1階

 

 

おすすめ記事

  1. ヒールオゾンとは?

  2. 抗菌性根充法の治療法について

  3. 当医院の治療の進め方について

  4. 治療済みでも虫歯が再発するわけは?

  5. セラミック治療(セレック)

  6. むし歯がないのに痛がるのは

最近の記事

6月の休診日について

ページトップへ