ブログ

新型コロナウイルスの感染を防ぐ❗

世界中を脅威に陥れているコロナウイルスも口腔内の環境に罹患リスクが左右されます。
適切な歯みがきをして口腔環境を整えれば、新型コロナウイルス対策の一つになります。
歯に付着したプラークに含まれる細菌は、ウイルスの侵入を誘発するプロテアーゼと呼ばれる酵素を排出します。
つまり、口腔内にプラークが溜まれば感染症になりやすく、重症化を招くと考えられます。
インフルエンザは適切な口腔ケアで発症率が10分の1に抑えられたというデータもあり、新型コロナウイルスも同じ視点で対策を取ることが望ましいとされています。
つまり、正しいオーラルケアが大切だということです。

 

おすすめ記事

  1. 3月の休診日のお知らせ

  2. 予防歯科について

  3. 口腔粘膜診断カメラについて

  4. 酸性の飲食物には要注意の酸蝕歯について

  5. インプラント治療について⓶

  6. 新しい被せ物に違和感?

最近の記事

6月の休診日について

ページトップへ