ブログ

働く女性の歯並びを改善しましょう②

歯科クリニックで噛み合わせの悪化の原因及び噛みしめをチェックしてもらいましょう。
ほとんどの方が就寝中にくいしばり(噛みしめ)、歯ぎしりがあります。
軽度なら自然に治まってくることはありますが、症状が続いてくると歯並びに影響したり、顎関節症の原因になったりすることがあります。
歯周病が進行してくると歯が動揺して歯並びに影響してくることもあります。
自覚症状に気付くことがない場合もあります。
3ヶ月くらいに一度は歯科医院でチェックしてもらいましょう。

噛みしめか歯ぎしりの症状がないかチェックしてみましょう。
1.冷たい水がしみる
2.朝に起きるとあごが疲れている
3.犬歯や他の歯がすり減ってきている
4.大きく口が開きにくい
もしこのような症状があれば歯科医院で相談してみてください。

噛みしめや顎関節症の状態なら症状が悪化しないようにナイトガードの使用が必要になることもあります。
ナイトガードには歯にかかる強い力を分散させたり、顎の筋肉の緊張緩和させたりするなどの効果があります。
それと肝心なことですがストレスの原因を貯めないような努力や工夫も大切です。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

 

おすすめ記事

  1. マウスピース、ナイトガードについて

  2. 7月の休診日について

  3. 歯茎が下がる、やせる原因について

  4. 体にやさしいノンメタル治療について

  5. 顔面に原因不明の激痛があれば

  6. 女性特有のトラブルについて

ページトップへ