ブログ

歯ブラシだけでは清潔な口腔環境は維持できません。

歯周病を引きおこすのは歯間部にたまる歯垢(プラーク)です。
これは歯ブラシだけでは6割くらいしか取り除けません。
デンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシと一緒に使用すると9割くらい
きれいにすることができます。
歯と歯の間にはむし歯ができやすく、デンタルフロス(糸ようじ)を使用することで
隣接面のむし歯予防ができるため少なくても1日1回は使用することをお勧めします。
特に若い方や歯間部の隙間が狭い方にはデンタルフロスが良いです。
歯周病が進んでしまって歯間部に隙間ができてきたり、歯垢が溜まっている方には
歯間ブラシがお勧めです。
歯間ブラシも少なくても1日1回の使用をお勧めします。
歯ブラシの選び方がわからない場合は歯科医院で歯科衛生士などに
相談してみましょう。
クルクミン入りの歯磨き剤は歯周病に効果的ともいわれています。
ウコンの成分のクルクミンは歯周病に効果的であり、
歯周病菌のPg菌の活動には抑制させる効果があり、
口腔内の細菌バランスを正常に保つ効果が期待できます。
歯周病の予防に役立ちます。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

おすすめ記事

  1. 体を守る唾液のチカラについて(むし歯予防や新型コロナウイルス感染症予防)

  2. 歯科と不定愁訴(自覚症状はあるが何も異常が無い)ことについて

  3. 子供の歯が黒いのは?

  4. インプラントが原因でしびれが出るかもしれません。

  5. 早口言葉でエクササイズ

  6. なぜ根元のむしばが増えているのでしょうか?。

ページトップへ