ブログ

シェーグレン症候群について

シェーグレン症候群をご存じでしょうか?
おもな症状としては口が乾いたり、涙が出ない、肌が乾燥(カサついたり)、鼻が乾いたりするなどがあります。

目や口などが乾燥する自己免疫疾患であり、涙液、唾液の分泌が少なくなります。
更年期以降の女性に多発するといわれています。
現在の治療方法はこれといってなく原因療法ではなく、乾燥しているところを潤すための
対処療法が主な治療法です。

患者さんの約4割が関節リウマチなどの膠原病を併発し、炎症が起きる場所によっては関節、腎臓、皮膚などに炎症が現れることもあります。

この疾患のことがあまり知られていなく周囲の理解が得られていないため苦しんでいる患者様も多いといわれている疾患です。

 

 

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

 

おすすめ記事

  1. セラミックを使ったかぶせ物の特徴

  2. 歯周病と全身疾患について①

  3. 妊娠中のお口の中のトラブル

  4. インプラントの前処置について

  5. インプラントをして痛い思いをされた方やこれからインプラントの手術を受けられるへ

  6. こどもの歯みがきの習慣化について

ページトップへ