ブログ

インフルエンザ撃退法

昨年末からインフルエンザが流行していましたがまた猛威を振るうかもしれません。
予防対策としてワクチンの接種と手洗い、うがいはよく言われていることですが、じつは毎日の歯磨き、舌磨きについても効果があります。
通常の歯磨きに舌ブラシなどで軽く舌の表面を磨くことでインフルエンザ予防にはかなり効果があります。
口腔内の細菌を減らすことはもちろんインフルエンザウイルスも減少することもできます。

歯周病菌はインフルエンザウイルスが体内に侵入することを助長する働きがあります。
そのため歯周病菌が大量にあるとインフルエンザウイルスが体内に入り込みやすい状況を作ってしまいます。
65歳以上の患者様に衛生士が歯磨き、舌磨きをケア及び指導を実施したところインフルエンザの発症率が10分の1になったと報告されています。

普段からの口腔ケア、舌磨きをしていただき、インフルエンザに発症しないように心がけてください。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

 

おすすめ記事

  1. 上の歯の磨き方

  2. 歯科心身症について

  3. 歯周病が怖い理由について

  4. キシリトールとは

  5. 2019/05/12

  6. 矯正治療のメリットは歯並びのほかにメリットがあります。

最近の記事

ページトップへ