ブログ

歯科でできる金属アレルギー治療

歯科医院で治療をされた場合、むし歯で穴が開いたことろに詰め物をしていきますが、
その材料が銀歯で保険治療であれば、要注意です。
というのは、歯科の治療では金属を使用することが多々ありますが、歯科治療で使用されている
金属は金属アレルギーを起こす原因ではないのかということが問題になっています。
歯科用の金属は保険の材料は決められている合金を使うことになります。
銀歯は唾液などの様々な影響でイオン化して溶けだしてしまい、歯ぐきが黒ずんできたり、
体内に取り込まれてアレルギー性皮膚炎やじんましん、掌蹠膿疱症などの皮膚炎や様々な
アレルギー症状を引き起こしてしまうことが最近になってわかっています。
銀歯を入れてすぐに症状がでる方もいれば、数年経ってから症状が出る方もいます。
お口の中に症状が出ないことも多いため、歯科治療で使用した金属が原因で知らず知らずのうちに
金属アレルギーになっていることもあります。
実は先進国で銀歯を使った治療をしているのは日本くらいとも言われています。

金属アレルギーになる前にノンメタル治療(メタルフリー治療)でやり変えをお勧めします。
ノンメタル治療とはメタルフリー治療とも言われ、金属を一切使わない治療という意味を表しています。
金属アレルギーは現在発症していなくてもある日に突然発症する可能性はあります。
発症していても気が付きにくいのが難しいところです。
すでにお口の中に銀歯が入っているのであれば、ノンメタル治療(メタルフリー治療)を
していくことで金属アレルギーの原因を取り除くことができます。
気になる方は当医院スタッフまでごご相談ください。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

おすすめ記事

  1. むし歯治療に銀歯とは

  2. 新型コロナウイルスの感染を防ぐ❗

  3. 診療時間のお知らせ

  4. 明日は休診日です。

  5. ブラッシング(歯磨き)に注視してみましょう

  6. 明日から診療します。

ページトップへ