ブログ

歯周病が怖い理由について

歯周病は日本人のほとんどの人がかかっているというくらい多くの方がかかっている病気です。
生活習慣病の要素が強い病気だとも言われています。
本来は予防が可能な病気だとも言われていますが、多くな方は歳をとったら
歯周病で歯が抜けるのは仕方がないとあきらめている人が多いのです。
しかし、歯周病がただ歯が抜けるだけの病気ではないのです。
実は全身的にあらゆることに影響が出てくることがわかってきました。

歯周病の影響ではっきりとわかっているのは歯がどんどん抜けてなくなってくることですが、
歯を失うことについては歯周病の方が怖いといえます。
むし歯の場合は歯を失うのにひどいむし歯でないと抜くことにはなりませんが、
歯周病の場合は痛むことなく歯を支えている骨(歯槽骨)がなくなってしまうため、
歯を抜くことになる場合、数本同時に失ってしまう場合が多々あります。

歯周病が体の全身的な病気に関係しています。
歯周病が関係している病気として、誤嚥性肺炎、心臓病、脳梗塞、アルツハイマー型認知症、
糖尿病、妊娠中においては低体重児出産や早産などが挙げられます。
これらの病気は歯周病の細菌が血管内に入り込むことによって、全身の血管を巡ったり、
口腔内の細菌が誤って気管内に入り込むことによって肺の方へ歯周病細菌を誤嚥してしまったりすることにより
引き起こされてしまうと言われています。

歯周病は歯科医院での定期的なケアによるものはもちろんですが、
毎日の適切なケアや生活習慣によるもの、食生活の改善により
予防は可能なものです。
全身の健康のためにも歯周病予防に心がけましょう。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

おすすめ記事

  1. 4月の休診日について

  2. 親知らずとは

  3. ヒアルロン酸の施術について

  4. コロナウイルスの予防対策について

  5. 訪問診療もしています。

  6. 口臭の原因と対策について

ページトップへ