ブログ

歯周病がひどくなる理由

近年、中高年の方々はお口の中のケアに対して意識している方が増加しています。
そのため、ドラッグストアで歯磨きグッズや歯磨き剤が売れてきています。
歯科医院でもドラッグストアでは手に入らない歯磨きグッズや歯磨き剤はたくさんあります。
その中でもコンクールのマウスジェル、マウスウォシュやメルサージュのヒスケアなどいろんな
歯磨きグッズや歯磨き剤をそろえています。
しかしながらどのような歯磨きグッズや歯磨き剤を使うと効果があるかということを
理解して購入している人は少ないと思います。
当医院では歯科衛生士がその人に合った歯磨きグッズや歯磨き剤をお勧めしています。
ご興味があれば、まずはご相談ください。

歯周病の進行がひどくなる方の要因は歯垢以外にも要因があります。
⓵喫煙
  長期間にわたって喫煙し続けることでタバコに含まれるニコチンが歯ぐきの血管を収縮させてしまうことで
  酸素が不足してしまい、歯周病菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうからです。
  習慣的な喫煙者は非喫煙者と比べて3~5倍も歯周病にかかりやすく歯周病が重症化しやすいとも言われています。

 喫煙の対策は禁煙しかありません。
 禁煙すると歯ぐきの状態が回復し、免疫や細胞の働きが高まるため、歯周病のリスクが低下して
 治癒効果も向上することはあきらかになっています。

⓶唾液の不足によるもの
  唾液に含まれる抗菌物質はむし歯菌や歯周病菌の侵入を妨げ、細菌の増殖を防ぐ働きがあります。
  歯垢の発生も抑える効果があるとも言われているため、唾液の分泌が不足していたり、歯周病によって
  唾液がネバネバしている状態なら唾液の機能が低下していき、さらに歯周病が進行してしまいます。

 唾液不足の対策として食事はゆっくり噛みましょう。
 適度に歯ごたえのあるものやキシリトールガムを噛むのも効果的です。
 また、唾液のもととなる水分をこまめに補給することも効果があります。
 それと同時に歯周病治療を積極的に受けてお口の中の
 状態を改善させると、唾液の質をサラサラに変化させることをしていきましょう。
 唾液腺マッサージも効果的です。

⓷くいしばり
  歯を強くかみしめる(クレンチング)や歯ぎしりをする(グライディング)の癖も歯周病を
  急速に悪化させてしまう要因になります。
  歯周病になっている状態で歯に強い力が加わると歯ぐきや歯を支えている
  あごの骨といった歯周組織にさらに大きなダメージを与えてしまうのが原因です。
  
  くいしばりや歯ぎしりの対策は無意識になっているようでしたら気づくことが第一歩です。
  怪しいと思ったら歯科医院で歯の磨耗状態を調べてもらいましょう。
  もしくいしばりや歯ぎしりがあれば、ご自身に合ったマウスピースやナイトガードなどを作ってもらい
  歯と歯が直接当たらないようにしてみましょう。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

おすすめ記事

  1. 入れ歯を快適にお使いしていただくために

  2. 知っているようで知らない口内炎

  3. ヒアルロン酸の施術について

  4. 顎はコリます

  5. デジタルレントゲンについて

  6. お口の虚弱(オーラルフレイル)を防ぐトレーニングとは③

ページトップへ