ブログ

虫歯と母子感染について

虫歯の原因菌である虫歯菌は人間のお口の中には多かれ少なかれ必ず存在します。
しかし、生まれたての赤ちゃんのお口の中には虫歯の菌は存在しません。
では虫歯の菌はどこから入ってくるのでしょうか?
実は虫歯の菌は赤ちゃんの周囲にいる人たちのお口の中からやってくるのです。

虫歯が感染しやすい時期は19ヵ月から31ヵ月の間で感染の窓と呼ばれています。

虫歯菌は唾液を介して感染します。
口移しで食べ物を与えたり、スプーンを共用したり、赤ちゃんにチューをしても感染してしまうのです。
予防するには唾液を介しないようにすることが大切です。
感染を防ぐためにできることとして、妊娠中から家族そろって歯科医院で定期検診を受ける。
子供の周囲の人に未治療の虫歯がある場合はきちんと治療を受けましょう。
子供の周囲の人がお口の中を清潔に保つことが大切です。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

 

おすすめ記事

  1. 働く女性の歯並びを改善しましょう②

  2. 口腔がんのセルフケア

  3. マウスピース、ナイトガードについて

  4. セレック治療(セラミックのつめ物、かぶせ物)

  5. 体を守る唾液のチカラについて(むし歯予防や新型コロナウイルス感染症予防)

  6. 診療時間のお知らせ

ページトップへ