ブログ

キシリトールとは

キシリトールガムを噛むと
虫歯の細菌が砂糖と間違えてキシリトールを食べます。
虫歯の細菌のお腹がいっぱいになり、酸を作って歯に穴を開けようとします。
キシリトールは砂糖と違って虫歯の細菌の栄養にはならないため、酸を作ることができません。
逆に栄養不足になって虫歯の細菌は死んでしまいます。

キシリトールガムを噛み続けることにより、虫歯の細菌が少なくなっていくのです。
ポイントは食後に5分間噛み続けることが大切です。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

 

おすすめ記事

  1. がん医科歯科連携の仕組みについて

  2. あなたは笑顔に自信がありますか?

  3. 歯みがき剤について

  4. 嚥下障害を予防するベロ(舌)出し運動について②

  5. 歯周病が怖い理由について

  6. 予防歯科について

ページトップへ