ブログ

意外と知られていない唾液のこと

健康な成人の方の唾液の分泌量は約1.0~1.5Lといわれています。
ただ唾液は口腔内を潤しているだけではありません。

実は唾液はいろんな機能があるのです。
1.抗菌作用…細菌の増殖を抑えます。
2.消化作用…でんぷん質の吸収をしやすくします。
3.潤滑作用…発音や発声をスムーズにしやすくします。
4.再石灰化作用…一度、脱灰された歯の表面を修復します。

高齢者は唾液の分泌が少なくなりやすく、口腔乾燥症を引き起こしやすくなります。
あと口呼吸をしている方も口腔乾燥症を引き起こしやすくなります。
口腔乾燥していると口腔内細菌が増殖しやすくなり誤嚥性肺炎を引き起こしやすくなります。

口腔ケア(歯ブラシでブラッシングすることなど)が困難だと口腔内細菌が気管内に入ってしまうと誤嚥性肺炎につながります。

全身疾患などで口腔ケアが困難な方は特に注意してあげてください。
当医院では口腔ケアからでも訪問診療しております。

訪問診療では専門の歯科医師、歯科衛生士が担当しております。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

 

おすすめ記事

  1. セレック治療(セラミックのつめ物、かぶせ物)

  2. セラミックを使ったかぶせ物の特徴

  3. 口もとから美人になりましょう

  4. 50歳代以降にかかりやすいドライマウスについて

  5. これで完璧 4つのむし歯予防

  6. オーラルフレイル(口腔機能低下症)の予防や改善についてのできることとして

ページトップへ