ブログ

インプラント治療

当医院ではインプラント治療をしています。
本日は左上の骨欠損が大きい方に骨造成(GBR)をして4ヶ月待っていただいていた方のインプラント埋入手術をさせていただきました。
埋入するのにあたって上顎洞との位置が厳しかったため難しい手術でしたが無事想定していたところに寸分の狂いもなく埋入することができました。

インプラントを埋入するのにあたって歯槽骨をしっかり作っていかないと予後のことや審美性を考えると理想的かと思います。

無理やり短いインプラントを危険な思いをするよりも期間は少しかかりますが、安全な方法でインプラント埋入をすることをお勧めします。
歯槽骨が平坦で十分な骨量があればそのままインプラント埋入をすることができます。

インプラントでお困りでしたら当医院にご相談ください。

井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

 

 

おすすめ記事

  1. 歯を失ってしまったら

  2. 親知らずは抜いた方が良いのでしょうか?③

  3. 電動歯ブラシか手動歯ブラシのどちらが良いでしょうか?

  4. いびきが気になりませんか?

  5. 歯ぐきや歯の痛みや嚙み合わせの不具合の種類について

  6. 歯を抜いたらどう治っていくのでしょうか

ページトップへ