ブログ

母から子へ、虫歯は感染する?

むし歯の原因菌であるむし歯菌は、人の口の中には多かれ少なかれ必ず存在します。しかし、生まれたての赤ちゃんの口の中にはむし歯菌は存在しません。それでは、一体むし歯菌はどこからやってくるのでしょうか?

実はむし歯菌は赤ちゃんの周囲にいる人たちのお口の中からやってくるのです。つまり、むし歯菌は母親などの保育者からうつることが分かっています。大切な赤ちゃんに自分がうつしてしまうのは避けたいものです。ぜひ一緒に、注意点について見ていきましょう。

・特に注意する時期っていつ?

むし歯菌の感染には「感染の窓」と呼ばれる特に危ない時期があります。それが、生後19か月~31か月の時期なのです。

・どうやって予防するの?

むし歯菌は唾液を介して感染します。口移しで食べ物を与えたり、スプーンを共有したり、可愛い我が子にチューをすることでも感染するのです。

そこで、3つほど注意して頂きたいことがあります。

1.妊娠中から、家族で揃って歯科医院で定期検診を受ける。

2.子供の周囲の人に未治療のむし歯がある場合は、きちんと治療する。

3.子供の周囲の人がお口を清潔に保つ。

 

ぜひ、私たちとむし歯の母子感染を防ぎましょう!

 

歯の事でお困りのことがあれば当医院スタッフまでご相談ください。

平日は20時まで、土日も17時まで診療しています。

井高野あおぞら歯科

大阪市東淀川区井高野3-2-40 1階

06-6827-1919

おすすめ記事

  1. 新型コロナウイルス感染予防について

  2. 嚥下障害を予防するベロ(舌)出し運動について①

  3. 唾液の量を増やして病気を防ぎましょう

  4. 歯ぎしりへのマウスピース効果について

  5. 歯みがきについて

  6. ”訪問で歯科診療をご希望の方”

ページトップへ