ブログ

健康な歯の要、「歯の神経」

実際の歯の中には歯髄といわれる神経の管が入っている穴があります。前歯には1本、奥に行くにつれて、その管は2本以上に増えます。

 

歯の神経って何してる?

歯の神経には歯全体に栄養を運ぶという重要な働きがあります。また、噛むことによるあらゆる刺激を受け止めたり、感じたりしているのです。さらに虫歯になったときに冷たさや痛みを感じ足りもします。このおかげで歯の異常を感知し、発見するためにも役立っています。

 

歯の神経があるとないとでは大違い!

神経のある歯とない歯では、その寿命も大きく異なります。神経をとった歯は、外見上は骨に埋まり、歯ぐきに支えられているものの、枯れ葉と同じで栄養を受け取ることが出来なくなるので、どんどん弱くなってきます。

 

神経をとる治療をしたことがある方

そのもろくなっている歯は、細菌の攻撃も感じなくなったり再度細菌に侵される危険が!歯科医と一緒に丁寧なケアを続けていきましょう。

 

歯の神経を治療しないで済んでいる人はしっかりキープしていきましょう!

 

歯を守る方法は次のリンクでご覧ください。

疑問、お困りのことがございましたら、お気軽に当院スタッフまでお尋ねください。

 

土日も夕方5時まで診療いたしていります。

駐車場完備

井高野あおぞら歯科

大阪市東淀川区井高野3-2-40 1階

 

あなたの歯を守るには

歯を守るポイント

おすすめ記事

  1. 顎のコリのセルフケア

  2. 検診の重要性

  3. 顎関節症でお困りの方へ

  4. 専用駐車場開設しました。

  5. 歯の健康は全身の健康につながっています

  6. セラミック治療とは

ページトップへ