ブログ

妊娠中のあなたへ!お口のトラブルに気を付けて!

妊娠中は心と身体が大きく変化します。つわりなど体調の変化で歯磨きをきちんと行うのが難しくなる場合もあり、口内環境も悪化しがちです。また、妊娠中は女性ホルモンの増加や唾液の減少で、歯周病菌が活性化し、思春期、更年期とならび、女性の人生の中で最も歯周病になりやすい時期です。また、ママのお口にむし歯菌が多いと、出産後、大事な赤ちゃんにむし歯菌を感染させてしまうこともあります。しっかりと歯科検診を受けてお口の中を整えておきましょう。

 

妊娠中になりやすいお口のトラブル

・むし歯

妊娠中の体調の変化で、丁寧な歯磨きを怠りがちになることがあります。また、だ液の分泌量が減り、お口の中が酸性に傾きやすくなります。食生活の面でも不規則になりやすくなるため、むし歯リスクが高くなる傾向があります。

・歯肉炎、歯周病

妊娠中は女性ホルモンの増加で、特定の歯周病菌が増え、活性化します。妊娠中に歯ぐきの腫れや出血が起きてしまうことを妊娠性歯肉炎と呼び、そのまま放っておくと歯周病になってしまうこともあります。

・口臭

妊娠中は唾液の量が減少し、ドライマウス気味になるため、口臭が発生しやすい状態になります。また、きちんと歯磨きをしていないと、プラークが残った状態になり、口臭が発生します。むし歯や歯周病を放置している場合も口臭が発生しがちです。

 

・歯科検診に行きましょう!

赤ちゃんが生まれて忙しくなる前に、ママのお口の中をしっかりメンテナンスしておくことは、生まれてくる赤ちゃんにとっても大切です。

妊婦さんの歯科検診を無料で実施している自治体もあるので、調べてみてください。

また、普段からこまめのお口をゆすいだり水分補給をすることも心がけましょう。

 

 

何か疑問、お困りのことがございましたら、お気軽に当院スタッフまでお尋ねください。

 

土日も夕方5時まで診療いたしていります。

駐車場完備

井高野あおぞら歯科

大阪市東淀川区井高野3-2-40 1階

妊娠中のお口の中のトラブル

おすすめ記事

  1. 補綴物には保証があります!

  2. 歯ぎしりへのマウスピース効果について

  3. プラセンタとは

  4. 診療時間のお知らせ

  5. 大病を招きかねない歯周病について

  6. インプラントのメリット

ページトップへ