ブログ

口臭予防について

口臭予防の基本的なことは歯磨きと歯周病治療です。
お口の中には歯周病菌やむし歯菌などさまざまな細菌が存在します。
正しい歯磨きで歯周病や口臭の原因となる悪玉菌を取り除きましょう。

1.歯磨きは夜の寝る前が重要です。
 歯磨きは回数も大切ですが、いかに丁寧に時間をかけて磨くのかが重要です。
 1~2分を食後に磨くよりも1日1回でもしっかり時間をかけて磨くことが効果的です。
 そのうえで、最も重要なものが夜の歯磨きになります。
 できれば10分~20分はかけて1本ずつ歯を磨きましょう。
 
2.歯の隙間は念入りに歯磨きしましょう。
 歯を磨くときは歯の表面だけでなく、歯の側面も意識して磨いてみましょう。
 歯と歯の横面(隣接面)は歯間ブラシが届きにくいところです。
 こまめに歯間ブラシやデンタルフロスを使って歯の隙間をきれいにしましょう。

3.舌をきれいにする
 舌の上に白っぽいものがあります。舌苔と言われれるものです。
 細菌の塊が舌苔となっているのですが、溜まってくると口臭の原因となります。
 舌ブラシなどで軽くこすることで取れてきます。
 歯ブラシで強くこすりすぎると傷になりますので注意しましょう。

 井高野あおぞら歯科
大阪市東淀川区井高野3-2-40
06-6827-1919

おすすめ記事

  1. 歯周病の治療について

  2. 小じわや美白効果のあるといわれているダーマペン4について

  3. 歯周病について

  4. 入れ歯について

  5. 子供の発達にとって大切なこと②

  6. 赤ちゃんとこどもの食育について(離乳食を始める時期)

最近の記事

4月の休診日について

ページトップへ