ブログ

入れ歯のお手入れで肺炎予防

高齢の方にとって口腔ケアは命と密接に関わっており、これを怠ると誤嚥性肺炎を引き起こしてしまいます。しかし、日常的な入れ歯ケアによって肺炎が予防できることが明らかになりました。

 

・入れ歯の清掃頻度と肺炎の発症率

およそ7万人の65歳以上の高齢者の方を対象とした研究の結果、入れ歯を毎日清掃しない人は、毎日清掃する人より肺炎のリスクが1.3倍高いことが分かりました。

75歳以上の高齢者の方については、1.58倍も肺炎の発症率が高いことが明らかになっています。

また、不潔な入れ歯を使っていると、入れ歯の表面に「デンチャープラーク」という細菌の塊が付着します。この細菌は気管に侵入し、肺炎を引き起こす原因となります。特に保険の入れ歯は、レジンというプラスチック素材で作られているため、よりデンチャープラークが付着しやすく注意が必要です。

 

 

入れ歯ケアの方法とは?

・入れ歯専用歯ブラシを使用する

入れ歯専用のブラシを使ってお手入れすることで、入れ歯本体を傷つけることなく、入れ歯に付着した大きな汚れを落とすことが出来ます。

入れ歯に傷をつける原因となるため、歯磨き粉は使用しないでください。

 

・就寝時は外して洗浄液につける

歯や歯肉を休めるため、就寝時は外して洗浄液をつけておくことがオススメです。一日一回程度入れ歯の洗浄液につけることで、入れ歯の磨き残し部分を殺菌し、清潔さを保つことが出来ます。洗浄液につける前には、入れ歯を綺麗に洗っておきましょう。

 

・お口のケアをしっかり行う

入れ歯を外した後は、お口のケアもしっかり行いましょう。残っているご自身の歯はもちろん、歯肉や舌の汚れを落とすことが大切です。

 

 

入れ歯とお口のケアを毎日行い、常に清潔な口腔環境を保つことによって肺炎を予防しましょう。何か疑問、お困りのことがございましたら、お気軽に当院スタッフまでお尋ねください。

 

土日も夕方5時まで診療いたしていります。

駐車場完備

井高野あおぞら歯科

大阪市東淀川区井高野3-2-40 1階

 

入れ歯を快適にお使いしていただくために

 

入れ歯のお手入れについて

おすすめ記事

  1. あなたの歯を守るには

  2. 歯科と不定愁訴の関係

  3. できる限り歯を残すために定期検診の習慣を!

  4. 歯ぎしりへのマウスピース効果について

  5. 嚥下障害を予防するベロ(舌)出し運動について②

  6. auペイも使用できます

ページトップへ